救急科

日本赤十字社和歌山医療センター

日本赤十字社和歌山医療センターのベッドは865床設けられています。診療を目的とした患者が満足のいく医療を受けられるよう、ベストを尽くしています。患者を考えた固定チームナーシング 継続受け持ち制を使い、ナース1人1人が精一杯の看護が実行されるよう勤しんでいます。保険医療機関/災害拠点病院/労災保険指定医療機関/指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)/救命救急センター/臨床研修指定病院/身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関/がん診療連携拠点病院/精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)に基づく指定病院又は応急入院指定病院/精神保健指定医の配置されている医療機関/生活保護法指定医療機関/特定疾患治療研究事業委託医療機関/結核指定医療機関/指定養育医療機関/指定療育機関/戦傷病者特別援護法指定医療機関/小の指定を受けています。認定を受けてた医療を進めています。

和歌山県立医科大学附属病院

和歌山県立医科大学附属病院には、800床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。800床の病床があり、治療中の患者に対するメンタルのフォローも忘れません。1日に入院する患者の数は660名になります。入院する患者さんと家族が無事に毎日を送れる設備を整えています。7:1で看護に努めています。ナースは患者の多くの症例に対し、臨機応変に看護できるよう勤しんでいます。


北海道の看護師求人はこちらです。